私が白斑を発症した時期は、ちょうど睡眠の質が悪くなっている時でした。

 

夜中の1時から2時まで夜更かしし、寝つきも悪く、就寝してもトイレや喉が渇いて何度も目が覚めてしまいます。
特に毎日のように、喉が渇いて夜中の4時や5時に目が覚めて、枕元においている水を飲んでいました。

 

熟睡できていないことが数年続き、白斑もさらに悪化していました。
寝つきが悪く、夜中の3時4時にならないと寝付けません。

 

朝は、7時に起きようと目覚まし時計をセットするも寝起きは最悪で、疲れもとれておらず、昼寝・休憩のときの仮眠と時間があれば寝ているダラダラした日々です。
当然、仕事もしっかりできず、責任者からは心配されたり、他の人からの評価は最悪でした。

 

 

就寝時間の改善

「寝る子は育つ」とあるように、睡眠の質の改善に取り掛かりました。
まず、22時から成長ホルモンが分泌されるので、22時に寝るようにライフスタイルを調整してみるも寝れず、それで、30分きざみで就寝時間を22時に目標にして早めてゆき、ようやく22時に寝れるようになる。

 

朝は5時起床を目標に!

 

ただ、大切な点に気付く!
それは、就寝時間と起床時間は習慣化できても睡眠の質は少し向上したに過ぎなかったのです。

 

しかし、睡眠の質を簡単に向上できる方法がありました。
それは、『無』です。何も考えないことです。

 

私は、寝るときにいろいろ考えてしまう性格で、結局これが睡眠の質を悪化させていました。
特にストレスがあると寝れなくなり、すぐに体調が悪くなり、いつも疲れている感じでした。
私は神経質なのかもしれません。っていうか神経質なのだと思います。

 

とても大切な点ですが、
睡眠の質がよくなって白斑が広がっていないし、むしろ白斑が改善しています。

 

おすすめしたいのは、22時に寝ること。
そして、熟睡するための工夫をすることです。
人によっては、『枕をかえるとか?』『寝る前のスマホをやめる!』とかあると思います。

 

睡眠の質の向上はとても大切です。
今では、熟睡できているので、喉が渇いて起きたり、就寝中に目覚めてトイレにいったりしなくなりました。
しかも、朝の5時に起きてランニングしています。15分から20分ほどですが、それから帰宅後に、ストレッチや軽めの筋トレしています。

 

仕事中も眠くならず、しっかり働き、会社からの評価も上がり、給与も増えて、いいことばかりです。
白斑もよくなるし、睡眠の質を真剣に改善して良かったです。
ぜひ、それぞれライフスタイルがあると思いますが、チャレンジする価値あります。